忍者ブログ
石垣島でわんの保護活動をしてます。 涙あり、笑いありのボランティア日記。 少々すっトボケてはおりますが、本人は至って真面目・・・なつもり!?
昨日のブログによって我が家(わんわんclub)におけるわん事情をほんのちょっぴしおわかりになって頂けたかと思うが・・・それでは、万が一あっしが急に怪我をしたり病気になってしまったバヤイ、この子達は一体どうなってしまうのか

答えは・・・ウチの相棒が代わりに世話をする・・・・・って事は間違ってもなく・・・そう、頼める人が誰もいないのダビェ~ン
んなもんで、旅行はおろか実家にさえ帰る事もままならないのが現実
代わりにいつでも面倒を見てくれる人さえいれば、あっしだって気軽な気持ちで実家にも帰りたいし、たまにはのんびりと旅行へも行って見たいと思うのは、やっぱ夢のまた夢なんだろうか・・・

・・・なーんて事がここ何年も続いてきた訳なのだが、そんな矢先に事件は起こった(『事件は会議室で起きてるんぢゃなーい事件は現場で起きてるんだっっ』(このフレーズ、トーゼン知ってるっしょっ

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思うが、9月の終わり頃、急に具合が悪くなったあっしは緊急入院を余儀なくする事になった
検査の結果、先生から下された診断は「緊急に手術の必要がある」と云うもの
当初は尋常でない痛さのせいもあり、先生の云うがまま素直に従うつもりだったが、ふと冷静になって考えみると(大きな手術になると云うのに、ウチの相棒もちょうど長期の出張中・・・何かあっても一人では対応しきれない・・・そんな中、一人きりで一生(すでにばあさんである為、残り少ないが・・・)を左右してしまう位大きな手術なんぞをここで受けてしまって、果たして大丈夫なのだろうかならば思い切って実家のある東京へ戻り、近所にある大学病院で手術を受けた方がまだ安心出来るのではないか)と言う事が頭をよぎり、すぐに相棒&実家の母親に電話
結果、2人とも東京行きに賛成してくれたのでその場で退院手続きを取り、一旦家に帰って家の掃除とわんこ達の世話、そして東京へ行く準備をして、翌日の朝には東京へ向かっていた

結局の所、10月~11月にかけて2度に渡り東京へ行って来たのだが。。。(しかーもあらゆる検査をしたが、手術の必要はなかった事が判明東京の病院はやっぱ安心だね~~それに引き替え・・・恐るべし石垣の病院

では、その間わん達はどうしてたかと言うと(やっとここからが本題・・・)、心優しい知人&友人達が入れ替わり立ち代り家に来てくれてわん達の世話をしてくれてたのだ
しかも病症の身の私に余計な心配をさせまいと、それぞれまめに連絡を取り合い、また来る日が重ならないようにとローテーションまで組んでくれて・・・ホントにホントに涙ちょちょ切れもんの有り難いお話で

そんなこんなで、それ程お世話になった皆々様方に対し、義理を欠いては「世間様が許してくれたとしても、お天道様は許してくれやしないだろう」と言う事で、先日の日曜日『感謝の夕べ』ならぬ『感謝のランチ』なるものを開いた。

私の留守中、お世話になった方々は・・・
S氏(協力メンバーの中心となって全面的に面倒を見てくださいました。ウチの相棒が出張で長期に渡り留守にした際も我が家に泊り込んで頂いたりと・・・S氏には頭があがりません
ぢぢぃ(S氏と交代で、協力メンバーの中心となりわん達のご飯とお散歩をして下さいました)
Mioさん(お散歩のご協力をして下さいました
Madokaさん(お散歩のご協力をして下さいました
Youkoさん(お散歩のご協力をして下さいました
ふぇねっくさんご夫妻(お散歩のご協力をして下さいました
カンちゃんご夫妻(保護わん・朔太郎を預かって下さいました
H氏ご夫妻(保護わん・福を預かって下さいました
N氏(保護わん・小次郎及び、チビわん2頭を預かって下さいました

ランチ当日は、急に体調を崩してしまったり、仕事の都合、または連絡がどうしても取れず・・・等の理由で参加出来ない方も何名かいたが(とってもとーっても残念でした)、しかしあとの皆さんは飲んで食べて喋って、そして歌って踊ってこっちはウソ

幸いにもこの日はお日柄も良く(結婚式のスピーチかっっ)、小春日和を思わせるような心地良い気候でもあった為か、当初は2時間程度を予定していたのだが、気が付けば4時間近くもみんなでワイワイガヤガヤと喋り倒していた(今回わざわざ貸切にして下さったお店“Laura”のお姉さん、すっかりご迷惑をおかけしてしまい・・・美味しいお食事を沢山用意して頂きましてありがとうございました

PC090069-s.jpg


協力メンバー達と過ごす日曜の午後のひととき
最高に楽しかったっス




この皆達方がいて下さったからこそ、私も余計な心配をする事もなく安心して治療に専念する事が出来た
そしてわん達も寂しさを感じたり、不憫な思いをせずに済んだ

人は窮地に陥った時に、その人の真の優しさを知るもんなんだな・・・って、今回つくづく感じた次第で。。。
決して一人っきりで生きてるんぢゃないっ
常に周りの人達の協力があったからこそ、今のあっしがいるんだっ
今後も決してオゴる事無く、また感謝の気持ちも忘れる事無く、保護活動に精進していきたい所存ですんで、今後もぜひ応援の程宜しくお願い致しやす

本当に、本当に、本当にお世話になりましたペコペコペコリ

    ranking.gif



           
・・・でもって、コチラの応援もついでにお・ね・が・いね~ん舌の根も乾かぬウチに、調子こいてる不届きなヤツめっえーい、そんなヤツにはこうして成敗してくれるわっっ

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 渡る世間は“犬”ばかり=あ~した幸せにな~れ♪= --  All Rights Reserved

Designed by CriCri / Material by White Board / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]