忍者ブログ
石垣島でわんの保護活動をしてます。 涙あり、笑いありのボランティア日記。 少々すっトボケてはおりますが、本人は至って真面目・・・なつもり!?

昨朝、保護わん・かえでが虹の橋を渡って行ってしまった。


もみじ&かえで姉妹の散歩を終え次の保護わん・けん坊の散歩へ行き、戻ってきた時には泡を吹いて痙攣を起こしながら倒れていた。

すぐさま病院へ電話するも、いつもお世話になっている病院は(救急も受け付けているハズなのが・・・)、あいにくその日は休診日とあって何度電話しても留守電のテープが流れるばかり。

それ以外にも3軒の病院に電話したが(一応はどこも夜間・救急用の電話番号なのだが・・・)、どこも出てもらえず。。。

その間もずーーーーっと痙攣し続けているかえで・・・「もうダメなのかな」と半ば諦めつつ心臓マッサージを施しながらしつこく電話したら、やっとその中の1軒の先生が寝ぼけ眼な声で出てくれた。

そこから車に乗せて病院へ向かったが、残念ながらかえでは途中で力尽きてしまった。

病院に着き先生に最後の診療をしてもらい、死亡を確認した後、先生にお礼を述べてそのまま家へと戻った。

先生にもこうなってしまった原因を聞かれたのだが、今回はまるで検討がつかず。

朝の散歩ではもみじ&かえで共に不審な行動(何かを食べたとか)はまったく見られなかったので
、もしかしたら前の日の夕方の散歩で?とも思ったが、その時も何もなかったと思うし。。。

結局の所、原因不明と言うことで良くありがちの『心不全』と言う事で死亡診断書を作ってもらった。

この日の石垣の気温は30℃と暑い為、いつまでもそのままの状態にしておく事も出来ないのでかえでを箱に詰めた。

中には、かえでが虹の橋を渡るまでの道すがらお腹が空かないようにとドックフード&大好きだったささみジャーキーを入れて、そして周りには御花を敷き詰めてあげた。


悲しいかな、石垣には『ペットの葬儀屋』なるものが存在しない為、那覇にある数社の内の1ヶ所へ申し込みをして、その日の午後には飛行機に乗せ(この時も“貨物扱い”)那覇へと送った。

那覇空港で待機してる業者は遺体を受け取った後、着いてすぐに供養をし夕方頃から火葬されて、翌日には御骨となって石垣へと戻ってくる。



もみじ&かえでは、2002年の12月に保健所から引き取ってきた子達である。
体は大きかったものの、その時点ではまだ生後3ヶ月位のお子ちゃまだったもみじとかえで。

それまでにどんな環境の元で生まれ育ち、保健所に来るまでの間どんな目に遭ってきたかは定かではないが、とにかく人はのみならず、他の犬、車、音など世の中の全ての物に対し、尋常でないほどの怖がりようであった。
もちろん私に対しての警戒心もハンパではなく、保健所から引き取って来て完全に私と言う人間に馴れるまで確か半年以上(ほぼ成犬になるまで・・・)は悠にかかってたような記憶がある。

bd6169ec.jpeg







ビビリん坊全開だった頃のかえで
(2002/12撮影)







731edcb4.jpeg







いつでもどこでも常に一緒の
もみじ(左)&かえで(右)
(2002/12撮影)








・・・なもんで、その当時は定期的に保健所からチビわん達を引き取ってきてたのだが、後輩チビわん達は次から次へと里親さんが見つかって行く中、この子達は我が家に里親希望者が見に来ている肝心な時に車の下やコンテナーの下に潜り込んで絶対に出てこない為(←これは未だに直らず)、最後の最後まで残ってしまい今に至っている。(現在我が家にいる他の子達も似たり寄ったりでなんらかしらの癖のある子ばかりなのだが、でも一旦その人に馴れてしまえば普通の子よりも比べ物にならない位可愛い子と変身するのだが・・・汗)

0b076849.jpeg



他のチビわん達とはあまり仲良しではなかったかえでだったが、唯一可愛がっていた後輩チビわんのちゅら(現在は東京在)と。

(2002/12撮影)






私としては、このまま順調に行けば少なくともあと5~6年は一緒に暮らして行けると思っていただけに、非常に悔しくて残念で無念な思いでいっぱいだ。


この6年間、どこに行くにも何をするにも常に一緒だったもみじも、最後のお別れをさせてあげようとかえでに近づけたが、もみじは頑なに拒んだ。
もみじはもみじなりに「何かが起こった」事は察しているようで、いつも居る場所にいないかえでの事を不安に感じて心なしか元気がなく心細そうにしている。



いつもいる所にその子がいない・・・たったそれだけの事なのに、こんなに悲しくて辛い事はない。
今までに幾度となく虹の橋へ渡って行く子達を送り出した経験はあったとしても、その子その子1頭ずつに対しての愛情の注ぎ方はいつの時も変わるものではない。
人間ってヤツは、悲しみが深ければ深くなるほど、涙って一滴も出てこないもんなんだよね。

突然の出来事にまだ現実を受け入れられない私だが、今はとにかくかえでの事だけを想って傍についてあげたいと思う。(こんな事になっってしまった今になって、傍についててあげる・・・と言う行為自体がかえってかえでに対して申し訳なく・・・ホント私ってどうしようもなく情けない人間だなぁ~)



CA390049.jpg









かえで(左)&もみじ(右)
(2008/08撮影)










kaede2.jpg









かえでの笑顔は世界一☆
最高に可愛いよ♪

(2008/08撮影)










我が愛する子・かえでへ・・・
人一倍怖がりのアンタの事だから、今まで来た事もない場所で一人ビクビクして不安がっているんぢゃないかって心配しているよ。
せめて虹の橋を渡り終えるまで一緒について行ってあげたいんだけど、こっちにもまだ残っている子達が沢山居るから・・・今は一緒に行ってあげる事が出来ないんだ。
ゴメンよ。
みんなを送り出した後で母ちゃんもすぐに追いかけて行くから、もう少しだけ辛抱して待っててね。
虹の橋の向こうでは喧嘩せずにみんなと仲良くしてよ。
そして母ちゃんがそっちへ行く時は、絶対にぜーーーーったいに迎えに来ててね・・・約束だよ。

最後に。。。

この世に生まれて来てくれてありがと。




喪に服す意味ももちろんあるが、精神的にも肉体的にも、そしてオツムの中味もが未熟でまだまだ修行が足りない私・・・少しの間活動をお休みして冬篭りさせてもらう事に。。。


勝手云って、ホントすんません。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  -- 渡る世間は“犬”ばかり=あ~した幸せにな~れ♪= --  All Rights Reserved

Designed by CriCri / Material by White Board / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]